給水管 更新

みなさんは、給水管の更新について考えたことはありますでしょうか。家やマンションの給水管は長年使用していると、だんだん劣化してくるので、排水管も含め水漏れなどが起こる前にチェックしておかなければなりません。給水管の改修工事だけでなく、配管そのものを新しい物に取り換えるのが更新工事になります。手間や費用がかかってしまうため、検討するのを後回しにもしてしまいがちですが、快適な住まいを維持するだけでなく、建物そのものの資産価値を下げないためにも定期的に給水管などの設備を点検することが大事になってきます。しかし、給水管の更新を行う業者もたくさんあり、費用もそれぞれ違いがあるのか気になるところです。今回は、そんな給水管の更新を行う際に適した業者の探し方について紹介します。

給水管を更新するタイミングとは

給水管の設備を更新するタイミングとしては、基本的に築年数と給水設備に問題が起こった時の2つの場合があります。築年数が20年から25年を超えてくると共有部の配管、30年を超えてくると専有部の配管を更新するのが適切ではないかと言われています。それ以上にほったらかしにしてしまうと、大規模な改修工事をしなければならないこともあります。また、築年数に関係なく、赤い水が出てきてしまうと、給水管の中が酸化、腐食してしまうことによりサビなどが水に混入してしまっている状況なので、すぐに診断してもらう必要があります。赤水と同様に青水のパターンもあるので注意して下さい。青い水の場合には、一見気づきにくいこともあるかもしれませんが、水を流しているタイルの部分や、布巾などに水が付着すると分かりやすいです。

給水管更新の費用と業者の探し方

給水管の更新をするにあたって、どのようにして業者を探せばいいのでしょうか。一般的に数万円から数十万円ほどかかるとも言われていますが、水道局の指定工事店かどうかチェックすることが重要です。その上で、友人や知り合いにおすすめの業者がいないか聞いてみることがいいでしょう。具体的にどのように工事したのか聞いてみることで、イメージしやすく信頼できるかと思います。またその際には、大体の工事金額を確かめておくといいでしょう。それから、口コミなどのリアルな意見をインターネットなどのSNSを使って調べてみるのもいいでしょう。そして、いくつか業者が絞られたら、見積もりも複数だして比べると良いです。最終的に、これ以上の追加料金は発生しないのかよく確認することが重要です。深夜料金が発生したり、部品交換だけでなく、トイレなどの本体交換も勧められることもあるので、必要なければ断るようにもしましょう。