給水管 更新

物というのは使えば使うほど傷んだり、壊れたりしていくものですが、それは給水管も同じです。給水管とは上水を供給する水道管のことをいいますが、生活していく上で必要不可欠なもので、使用する頻度も多く、住宅設備の中でも劣化しやすいもののひとつでもあります。しかし、劣化した給水管を使用し続けると水漏れなどのトラブルが発生することも少なくありません。そのため、長年使用している給水管は更生工事や更新工事を行う必要がありますが、給水管の劣化の程度というのは、給水管の材質をはじめ、使用箇所や水質などにより違い、修繕周期にはかなりの差があります。また、更生工事や更新工事を行うとなると、必要となるのが工事を依頼する業者探しですが、更生工事や更新工事を依頼する業者を選ぶ際にはいくつか注意しておかなければならない点もあるので、業者を探す際には事前に業者選びの注意点についても把握しておくことが大事です。

給水管に使用される管の材質と特徴

給水管の更新工事を検討している場合は、給水管に使用される管の材質や特徴について知っておくことも必要です。例えば、昭和30~40年代まで主にマンションの給水管として使われてきた水配管用亜鉛めっき鋼管はおおよそ15~20年が更新時期とされ、昭和40年代から使用されるようになった水道用硬質塩ビライニング鋼管はおおよそ30年前後が更新時期の目安とされています。また、近年主流となっているステンレス鋼管は、耐用年数がもっとも長い給水管で、一番脆いといわれている継手部分の場合でも寿命は40年以上、使用条件によっては100年近くもつともいわれています。ステンレス鋼管は、材質の中でも最も高額なものではあるものの、配管工事の施工性が良く、水道用硬質塩ビライニング鋼管と違って作業も早く、工事費用も水道用硬質塩ビライニング鋼管で工事を行う場合と大差はないので、更新工事を行うならステンレス鋼管がおすすめです。

より良い業者を選ぶには比較検討することが大事!

給水管の更生工事や更新工事を行う上で重要になってくるのが、工事を依頼する業者選びですが、頻繁に行うものではないからこそ業者は慎重に選ぶことが重要です。最近は電話1本ですぐに駆けつけてくれる業者や、他社より安く工事ができると謳っている業者も増えていますが、業者の中には少なからず悪徳業者も存在します。そのため、業者を選ぶ際には、まず見積もりを取ることが大事です。最近はパソコンやスマートフォンからでも簡単に無料で見積もりが取れる業者も多いので、業者を選ぶ際には必ず見積もりを取るようにしましょう。また、ただ見積もりを取るだけでは、より良い業者を見つけることは難しいので、業者を探す際には1社だけでなく、複数の業者から見積もりを取り、比較検討した上で選ぶことも大切です。