給水管 更新

マンションにお住いの方にとって給水管の管理は大変負担が大きいものです。給水管は目視で確認できない部分であるため、多額の費用が必要となることもあり、給水管にどこまでかけるかといった問題が避けられません。工事のタイミングとしては、具体的に錆が発生しているとか、築年数が経過しているとかいった場合に検討されることが多いです。給水管の方式や配管材料によって更新に必要となる工事の内容は異なり、しっかりと劣化状態を調査する必要があります。更新工事ではポリエチレン管またはステンレス管など新しい配管に取り換えます。場合によっては配管を露出させる工事や内装工事が必要になることもあり、大掛かりな工事にはなりますが、更新後30年は改修不要で、長期的にみることで費用を抑えられ安心です。

給水管の更新をするときの業者の選び方

給水管の更新工事など大掛かりな工事は依頼する業者も慎重に選びたいものですね。具体的な費用や相場がわからないため、工事をする前にいくつかの見積もりを取る必要があります。いくつかの業者をピックアップしたら業者のホームページや口コミは確認しておきましょう。実際に問い合わせした際の対応の仕方で印象を知るのもよいです。業者が決まったら、配管内部の点検を行います。無料で実施してくれるところもあり、実際の給水管の中をファイバースコープなど用いて診断してくれます。詰まりや錆が見られるなら、削ったり洗浄したりといった程度でも大丈夫ですが、これ以上の詰まりや腐食を防ぐためにも思い切った更新工事がおすすめです。このときかかる工期も確認しておきましょう。そして費用対効果をきちんと計算したうえで進めましょう。

給水管は更新か更生か、状況に応じたアドバイスが必要

給水管は取り換えることなく更生することもできます。延命させる工法のことで、管内を樹脂でコーティングするなどして古い給水管を再生させます。一方更新工事は給水管を取り外して新品のものと取り換える為大掛かりなものですが、更生工事なら柔軟な施工と短期間の工期で、費用も抑えられることから一度は検討することになるでしょう。ただ更生工事のほうが衛生面も保たれ、その後の耐久年数が長いことから、給水管の状態や築年数に応じた対処が必要です。依頼する業者が給水管の異常を見落とすことなく徹底した調査を行うことも大切で、状況に応じたアドバイスが必要となります。水漏れや水圧不足、つまりなど、すでにトラブルを感じている場合と、そうでない場合でも対処の方法が異なる為、早めの対策がおすすめです。